HIV PrEP開始前の重要な情報

日本語のPrEPに関する情報

PrEPはHIV感染の予防薬です。
この予防薬はHIVを治療用に使用する2つの薬物を配合し

1錠となっています。

指示通りに服用することにより、HIV複製が防止され、HIVは体内に残りません。
PrEPはHIV感染予防に非常に効果的です。 HIV予防薬の効能が期待できる対象者は、

コンドームを一貫して使用しない人、

最近、性感染症にかかった人

メタアンフェタミンを使っている人

またはパートナーがHIV陽性であり、ウイルス量が不検出とならない人、 などです。

PrEPがすべての人に適しているわけではありません。 PrEP開始前にHIV陰性でなければなりません。
HIV検査は、PrEP内服適正検査の一部として行われます。

もし過去72時間以内にHIVに接触した可能性がある場合は、「PEP」と呼ばれる HIV接触後のための別の予防薬服用が必要となることがあります。

もしあなたが過去1ヶ月にHIVに接触した可能性が高い場合は、PrEP服用開始から最初の数ヶ月間はHIV感染がないかチェックしていく必要があります

PrEPの副作用は何ですか?
まれにある副作用のひとつとして、わずかに腎機能が低下することがあります。
腎臓に問題がある人がPrEPを服用する場合は、注意深く監視する必要があります。

その他持病があったり、腎臓に影響を及ぼす薬剤服用中でも、PrEPは服用可能ですが、注意深い監視が必要となります。

PrEP開始前には全員の腎機能をチェックします

医師にはあなたの病歴のみではなく、内服薬や処方箋以外の薬品を含めて全てを伝えることが重要です。

これには、糖尿の薬や、痛み止め、炎症剤なども含まれます

骨密度低下というまれな副作用もあります。
骨粗鬆症、骨が弱い場合、または骨関連の家族歴がある場合は、医師に伝えてください。
PrEP開始前に、骨密度試験を指示されることがあります。

軽度の副作用として、内服開始時に胃の不快感がでることがあります。
膨満感、軟便、便秘などです。

これらの症状は内服開始から数週間後に落ちついてきます。全ての人に起こるわけではありません。
予防法として、アシドフィラス入りヨーグルトをお勧めします。

PrEPはHIVのみに対する予防薬です。他の性感染症は予防しません。

コンドームを使用する、しないに関わらず、あなたはHIVから保護されます。

しかし、コンドームを使用しないと、他の感染症にかかる可能性が高くなります。
そのため、他の性感染リスクを減らすために、コンドームの継続使用を推奨します。

PrEPを開始する前に徹底した性病スクリーニングを行います。
これには、喉、肛門および尿中クラミジア、淋病の検査が含まれます。
血液検査の項目としてHIV、肝炎、梅毒をチェックし、腎機能も検査します。

オーストラリアでは、毎日1日1回1錠の服用が推奨されています。
この服用法によりHIV感染を99%ブロックします。

たまに、服用を忘れたとしても、保護力が大幅に低下することはありません。

万が一、週に4-6錠しか薬を飲まない場合でも、HIVに対する保護率は96%といわれていますが、毎日薬を飲み続けることをお勧めします。

毎日の生活の一部として1日1回同じ時間に薬を内服することを、日々のルーティーンにいれることをお勧めします。

予備として、ピルケースを別に用意しておくこともいい考えです。
スペアの薬を通勤カバンなどにいれておいたら、内服を忘れた時にもスペアを服用することができます。
 それでも、内服を忘れがちなら、毎日の投薬を促すリマインダー機能があるアプリを、携帯電話に入れるのもよいでしょう。

PrEP開始後、体内をHIV防御に最適な状態にするまでには、少なくとも継続してから7日間の内服が必要です。

状況が変わり、PrEPの服用をやめたい場合は、最後のHIV接触から28日間はPrEPを継続することをお勧めします。
このことにより、内服を中止前に、体内に入った可能性のあるHIVが完全に排除されます。

もしHIV感染のリスクがまれな場合は、断続的にPrEPを使用することもできます。この使用法については、医師から説明を受けてください。

PrEPの通常ルーティーンとして、3ヶ月ごとに再診の必要があります。
再診時には新しい処方箋が渡され、性感染症チェックと腎臓検査が行われます。

再診は、薬の副作用や毎日の内服継続をより効率よくするための話をするよい機会でもあります。

このビデオがPrEP治療に関する必要な情報収集に役立つことを願います。

この翻訳のためにアイコ医に感謝します。
アイコー博士は、オーストラリアのメルボルンにある家族医です。 彼女のウェブサイトで詳しく知ることができます:http://www.doctoraiko.com/doctorAiko.html